日善幼稚園ってどんな幼稚園?

Img_4f191b5cfb122039feb223670c39b964
「 こころ 」を育てる幼稚園   
”愛と感謝と希望”の目標を掲げ、健康で豊かな感性を持つ子どもになるように、子ども一人ひとりの主体性や創造性を大切にします。自然の中に出かけたり、遊びや色々な行事を通してのびのびと生きることを楽しみます。

本園の目標 ”神と人から愛され健康で心豊かな子ども”

○ 喜び感謝することができる子ども
○ 友達のことを思いやることができる子ども
○ 「感じ」「考え」「自ら動き出す」子ども
○ 「イエス」「ノー」がはっきり言える子ども
○ 聞く時は「聞く」、遊ぶ時は「遊ぶ」子ども

日善幼稚園は、そんな子どもを育む幼稚園です。
子どもも大人も幼稚園生活を楽しみます。
毎週月曜日10:30からの礼拝はどなたでも参加できます。

保育内容

少人数保育をモットーに、異年齢の子ども同士も親しんで遊びを展開していけるよう計画しています。

遊び

生きていく力を身につけます。『人生に必要な知恵はすべて、幼稚園の砂場で学んだ』(ロバート・フルガム 米 哲学者)の言葉の通り、遊びは学ぶことがいっぱい! 遊びは子どもにとって大切な生活です。自由に遊べる時間がいっぱいあります。

自由な服装

子ども同士がそれぞれの違いを受け容れることができます。

園外保育

豊かな自然の中にたくさん出かけます。四季の移り変わりの中で自然のすばらしさに出会い、感じ、考え、自ら動き出す喜びを体験します。

幼稚園でのお昼ごはん

日善幼稚園では食を大切に考えています。お昼ごはんも大切な食事です。そのため、子どもたちの栄養を考えたマクロビオティックを基本とした給食を週3回、2012年度より導入しています。また、週2回はお弁当のお昼ごはんです。給食は、みんなで同じものを食べる楽しさや、苦手なものでもお友だちと一緒に食べてみようとする勇気、同じ時間内に食べてしまう気持ち良さを味わうことができます。卒園後の小学校の給食に対する準備をすることもできます。一方、お母さんのお弁当は子どもたちへの「愛のお手紙」。一人ひとりに応じた量や栄養が考えられており、1日で一番楽しいひとときです。

絵本やお話

絵本の読み聞かせやお話は心の栄養。物語の世界に入り込んで主人公と共に様々な気持ちを味わうことで、豊かな感性が育ちます。想像力や言葉、集中力や聞く力が育ちます。

おやつタイム

1このおかしでも楽しい語らいのひとときです。みんなでおやつ作りやお料理ごっこもします。